過ごしやすい季節の活かし方

秋の気配が濃くなってきました。今年の夏は余り暑くならずに過ごしやすかったですが、それでもやはりこの時期の過ごしやすさを肌で感じると気持ちも上向いてきます。さて、この時期最も取り組みやすくなるのがジョギングです。私は夜にジョギングを行う派なのですが、夜風に当たりながら軽く体を動かすのはもはや贅沢と言ってもいい至福の時間です。ジョギングのいいところは、日が落ちてもさほど支障がないところです。段々日が短くなってくるこの季節、例えば球技などでは暗くなってしまうとなかなか思うようにはプレーできないのではないでしょうか。スポーツの秋を満喫するうえでまさにうってつけといえるでしょう。一通り走り終えたら散歩がてらクールダウンするのがお勧めです。走るコースにもよると思いますが、秋の虫の鳴き声、夜風、そして月。五感で秋の夜を満喫した後はぐっすり眠れるというものです。皆さんもぜひ秋の夜長にジョギングや散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

目指せネイリスト!

ネイリストになるためには、資格を取得する必要があります。このネイル資格を取得するには独学で勉強する事も可能ですが、ネイルは実技が重要になります。そのため、基礎部分の筆記は自分で学ぶ事は出来ても実技に必要なテクニックなどは、やはりネイルスクールなどで学ぶ事が重要とも言えるでしょう。何故なら、自分では上手く出来たと思ったネイルの仕上がりでも、プロから見るとまだ詰めが甘いと判断される程に細やかな作業なのです。それだけ繊細な技術力を問われる資格なので、指導して貰いながら確実に自分のスキルを磨いて行く方が資格の取得もし易いでしょう。

 

また、ネイリストの検定には階級が存在します。3級はネイルに関する基本的な知識と技術を要します。そして2級はネイルサロンで勤務が可能な知識と技術力、1級は難関でトップネイリストとして認められるレベルと言われています。このように、ネイリストとして働くのであれば最低でも2級を取得しなければなりません。ネイリストの求人などを見てみると分かりますが、ネイル資格2級以上が必須条件としているサロンが殆どなのです。サロンで働くという事は、言わばその道のプロなのです。ですから独学よりも、スクールなどに通ってきちんとした幅広い知識と技術量を身に付けておく必要があるのです。

 

またネイリストは爪というとても小さなキャンパスを主体にします。手先の器用さも問われる専門的な職業なのです。そしてお客様の目の前で仕事をするので、それなりの会話力も必要でしょう。